夜7時まで診療
診療時間
10:00 ~ 13:30 / / /
14:30 ~ 19:00 / / /
  • ▲土曜日は17:00まで

  • ※休診日:水・日・祝

24時間受付 WEB予約
キービジュアル

診療メニュー MENU

お口に入っている
金属の被せ物が原因で
金属アレルギーになってしまう
可能性があります。
メタルフリーの歯科素材
ご提案します。

歯科治療が原因になる金属アレルギーがあります

ドクター

ネックレスなどの金属製品でかぶれやすくなるなど、分かりやすい症状が出ることも多い金属アレルギーですが、歯科治療が原因で起きる金属アレルギーもあるということをご存じでしょうか?

歯科治療材として使われた金属が、内側から人体に悪影響を及ぼすケースがあります。

  • 口内炎がなかなか治らない
  • アトピー性皮膚炎になってしまった

こうした症状が出ている場合、もしかしたらそれは、歯科治療が原因の金属アレルギーかもしれません。
どのような金属が原因になっているかをテストすることもできます。
「そうかも」と思った方、ぜひ一度当院までご来院ください。

金属アレルギー治療

治療の流れをご紹介します。

STEP1検査

皮膚のかぶれや、お口の中の状態を確認します。

STEP2診断

診断

各種検査で得られた情報をもとに、診断を行います。

STEP3交換治療

治療

体質に合わない被せ物や入れ歯などの金属がお口にある場合は、体質に合った別の歯科材料に置き換える治療を行います。

歯科治療に伴う金属アレルギーを不安視されている方へ

歯科治療では、詰め物や被せ物、入れ歯などで金属を使用することが多くあります。
しかし、金属を利用しない治療や、金属アレルギーを生じさせにくい材料もあります。
それぞれご紹介します。

金属を利用しない被せ物等

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアは、セラミックの中でも最も優れた審美性・耐久性を持つ素材です。
身体にやさしい陶器素材であり、食いしばりの強い方にもおすすめです。
もちろん金属イオンが体内に流出するリスクはありません。

オールセラミック

オールセラミック

金属を一切使用していないため、身体により優しい素材といえます。 ジルコニアセラミックよりは耐久度が少し落ちますが、明るい天然歯のような色合いと、自然な強度が特徴のセラミック素材です。

身体に優しい入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険の部分入れ歯の場合、クラスプと呼ばれる金属の固定具を利用しています。ノンクラスプデンチャーでは、金属製クラスプを採用しないことで、安全性を高めています。

自費の金属床

自費の金属床

自費診療で作ることのできる入れ歯では、用いる金属をチタンやコバルトクロムなどにすることができます。
これらの金属は、金属アレルギーを発症しにくい素材ですので、保険治療で用いている素材よりも高い安全性があります。

インプラント

インプラント

インプラント治療では、金属のネジを体内に埋め込むことで人工歯を固定しています。
この際に使われる金属をチタンにすることで、金属アレルギーを起こしにくい治療を実現しています。
ただし、インプラントを構成しているパーツの素材の一部に、金属アレルギーを誘発するような素材が使われているケースもあります。心配な場合は、事前にご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間受付 WEB予約
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂3-4-1 神楽坂山本ビル1F

Contact

tel:03-5228-5778

診療時間
10:00 ~ 13:30 / / /
14:30 ~ 19:00 / / /
  • ▲土曜日は17:00まで

  • ※休診日:水・日・祝

このページの先頭に戻る