夜7時まで診療
診療時間
10:00 ~ 13:30 / / /
14:30 ~ 19:00 / / /
  • ▲土曜日は17:00まで

  • ※休診日:水・日・祝

24時間受付 WEB予約
キービジュアル

診療メニュー MENU

痛みを減らすのはもちろん
身体への負担も減らして抜歯します。

CT完備
難しい抜歯も可能です

親知らずは抜歯しなくてはいけないのか?

親知らずを抜歯するべきかどうかは、症状や生え方によって異なります。特に問題のない生え方をしている場合は無理に抜く必要はありません。

逆に、痛みや腫れがある場合や、他の歯に悪影響を与える可能性がある場合は、早めに処置することをおすすめしています。

親知らずを抜歯するメリット・デメリット

メリット

  • セルフケアがしやすくなるため、虫歯や歯周病を予防しやすくなる
  • 磨き残しが減ることで口臭が改善されやすくなる

デメリット

  • 抜歯後、数日間腫れることがある
  • 抜歯後1か月程度、親知らずのあった部分に食べ物のカスが詰まることがある

それ以外にも、患者さんそれぞれのお口の状態によって、メリット・デメリットは存在しています。まずは歯科医師と相談の上、親知らずの状態の把握と、抜歯することのメリット・デメリットをそれぞれ聞いたうえで、総合的に判断なさってください。

適切に親知らずの抜歯を行うために

当院では、以下のような装置・薬品を利用して、より患者さんに負担のない治療を実施しています。

CT(三次元立体画像撮影装置)による事前の診察

CT(三次元立体画像撮影装置)による事前の診察

CTは、歯や骨、神経や血管などの位置関係を三次元的に撮影することができる装置です。親知らずの周囲には重要な血管や神経が通っていますので、もし処置中に傷つけてしまうと大量出血麻痺の原因になります。そのためCT検査であらかじめ位置関係を把握しておく必要があります。

伝達麻酔で、より広域・長時間の麻酔効果

親知らずが生えている部分は、お口の中でも麻酔が効きにくい部位です。そのため、通常の歯科治療で用いている浸潤麻酔だけでは痛みを取り除ききることができない場合があります。
そこで、浸潤麻酔に加えて伝達麻酔というものも併用します。伝達麻酔は、広範囲に、より長時間麻酔の効果を与えることができます。これにより治療中の痛みを抑えることができます。

妊娠前の女性は親知らずの抜歯を検討してください

妊娠前の女性は親知らずの抜歯を検討してください

妊娠すると、ホルモンバランスが大きく変動することが知られています。これにより、それまでは痛みの出ていなかった親知らずが痛み出す場合があります。
通常であれば痛んだ段階で治療を開始してもいいのですが、お腹に赤ちゃんがいる状態だと、レントゲン撮影やお薬の投与などはできるだけ避けたいところです。
ですから、痛む可能性のある親知らずは、あらかじめ抜いておいたほうがいいのです。
もちろん、患者さんのお口の状態次第ではありますが、こうした理由から、妊娠する前に親知らずの抜歯をおすすめする場合があります。

親知らずQ&A

右の親知らずを抜いたら、左の親知らずも抜かないといけませんか?
親知らずは、左右・上下を対称に抜かなければいけないというものではありません。
ただ、例えば右の親知らずの状態が悪い場合、左の親知らずも同様に状態が悪くなっているケースがよくあるため、抜歯をおすすめすることも多くあります。
親知らずが生えてくることで手前の歯が押され、歯並びが悪くなるって本当ですか?
こちらも、患者さんのお口の様子によって大きく異なります。確かに歯並びが悪くなるケースもあると言われていますので、検査や診察を適切に行ったうえで、そのようなリスクがある場合には抜歯をおすすめしています。
どんな親知らずでも抜歯できますか?
ほとんどのケースの抜歯に対応していますが、以下に該当するような方は大学病院などの専門機関をご紹介する場合があります。
・心臓病や重度の糖尿病など、全身的なリスクが非常に高い方
・極度の歯科恐怖症で、抜歯時に全身麻酔が必要な方
・抜歯時に神経や血管を損傷する可能性が非常に高い方

親知らずの抜歯以外の口腔外科治療も行います

当院の口腔外科では、親知らずの抜歯以外にも、顎関節症や口内炎、歯牙移植術など、様々なお口のトラブルに対応しています。
「あごに違和感がある」「腫れや痛みを感じている」など、気になる点があれば、ぜひ当院までご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間受付 WEB予約
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂3-4-1 神楽坂山本ビル1F

Contact

tel:03-5228-5778

診療時間
10:00 ~ 13:30 / / /
14:30 ~ 19:00 / / /
  • ▲土曜日は17:00まで

  • ※休診日:水・日・祝

このページの先頭に戻る