夜7時まで診療
診療時間
10:00 ~ 13:30 / / /
14:30 ~ 19:00 / / /
  • ▲土曜日は17:00まで

  • ※休診日:水・日・祝

24時間受付 WEB予約
キービジュアル

診療メニュー MENU

痛みを抑え、削る量を最小限に、歯の神経を守る。

当院はこの3つに注力しています。

痛みを最小限に抑えるために当院が実施していること

痛みを最小限に抑えるために当院が実施していること

虫歯治療時に「どうしても痛みは生じる」というのは、過去の常識です。
当院では痛みについての知見を深めることで、最大限痛みを感じにくい治療を行っています。

  • STEP1表面麻酔

    治療のための麻酔液を注入するための「麻酔注射」そのものに対しても痛みを取ります。
    表面麻酔は歯茎の表面に塗りこむことで効果を発揮する麻酔薬で、これを塗ることで注射の痛みを抑えることができます。
    もちろん、歯茎に薬を塗るだけなので、表面麻酔自体に痛みはありません。

  • STEP2極細の針を使用

    注射針が細いほど、痛みは感じにくくなります。
    当院で用いている注射針は、国内で流通している中で最も細いものです。
    これを使って優しく注射することで、痛みを抑えることができます。

  • STEP3麻酔液を人肌まで温める

    麻酔液の温度が体温より高かったり低かったりすると、温度差が痛みや不快感の原因となる場合があります。
    そこで当院では、最も痛みが少ないと言われている37度に麻酔液を温めてから使用しています。

  • STEP45倍速コントラ

    5倍速コントラは通常と比べて5倍の速度でモーターが回転するというものです。

    高速回転することで、歯を削る際の振動不快なドリル音を抑えることができます。
    音や振動による不快感が軽減されますので、苦手な方も安心して治療に臨んでいただけます。

  • STEP5各種テクニックの駆使

    お口の中には、痛みを感じやすい部分と、そうでない部分があります。
    痛みを感じにくい部分に麻酔注射を打つことで、より一層痛みを抑えることが可能になります。

静脈内鎮静法:歯科恐怖症の方でも安心して治療を受けられます

静脈内鎮静法:歯科恐怖症の方でも安心して治療を受けられます

歯科治療に対して強い不安や緊張を覚える方は少なくありません。
このような方には「静脈内鎮静法」という方法をご提案することがあります。
静脈から不安を抑える薬剤を投与することで、ウトウトと眠りそうな感覚のまま治療を受けることができます。

全身麻酔とは違い、入院は必要なく、麻酔からの回復が早いのが特徴です。
歯科恐怖症の方は、治療前にご相談いただければと思います。

削る量を最小限に抑え、健康な歯を守る

削る量を最小限に抑え、健康な歯を守る

虫歯を治療するためには、虫歯菌に感染した部位を削り取る必要があります。

しかし歯は一度削ると二度と再生しません。そして削るたびに歯の寿命は短くなり、最後には抜歯になってしまいます。
そのため当院では削る量は必要最小限に抑えるように努めています。
具体的に、以下のような取り組みを行っています。

  • 取り組み1高倍率ルーペによる治療精度の向上

    ミクロン単位の小さな虫歯を見極めるには、肉眼では困難です。
    そこで高倍率ルーペを使用します。視野を何倍にも拡大できますので、肉眼よりもはるかに精密な治療ができます。

    • 高倍率ルーペ
    • 高倍率ルーペ
  • 取り組み2う蝕検知液による虫歯の染め出し

    う蝕検知液は虫歯だけを赤く染め上げる液体です。
    虫歯と健康な部位の境界が鮮明になるため、削る量を必要最小限に抑えることができます。

歯の神経を残すことで歯の寿命を延ばす

歯の神経を残すことで歯の寿命を延ばす

虫歯が進行していくと、場合によっては抜髄(歯の神経を抜く治療)や抜歯を行わなくてはいけないことがあります。
抜髄した歯は栄養が届かなくなるため脆くなりやすく、将来的に抜歯となるリスクが高まります。

また、抜歯になると、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの歯を補う治療が必要になります。
そのため当院では抜髄、抜歯は最後の手段と考えて治療法をご提案しています。

  • 殺菌効果のあるバイオセラミック

    虫歯が神経まで達してしまうと、通常は抜歯となります。
    そのような場合でもバイオセラミックを活用すれば神経を残せる可能性があります。
    殺菌効果により、虫歯に汚染された神経の上から被せることで、虫歯菌を除去することができます。

  • MTAセメントの活用

    MTAセメントはバイオセラミックの一種です。最も歴史があり、数多くの治療実績がある充填剤です。
    虫歯菌を殺菌しながら歯の穴を埋めることができるため、神経を残した状態で治療を終えることができます。

  • 抜歯を回避するエクストリュージョン法

    過度に虫歯が進行した場合、ほとんどのケースで抜歯になります。
    しかしエクストリュージョン法を使えば、ケースによっては抜歯せずに済む可能性があります。

    エクストリュージョン法は矯正治療を応用したもので、ワイヤーによって歯茎の下に埋まっている歯根を一部露出させることで、差し歯の土台にするというものです。抜歯をせずにに被せ物を装着できるため、治療の経過が良くなりやすいのが特徴です。

    • エクストリュージョン法
    • エクストリュージョン法
    • エクストリュージョン法

コラム最短1日・安価に銀歯を白くする方法があります

銀歯を白い歯に変えるためには、今まではセラミックを選択するのが一般的でした。
しかし従来のセラミックは高額で、治療期間が長いなどのデメリットがありました。

ダイレクトボンディング法なら、従来のセラミック治療よりも安価で、かつ短期間(最短1日)で治療を終えることも可能です。

その他にも、
・前歯の隙間を埋める
・歯の形を理想的なものに変える
・歯表面のキズやシミを消す
など、様々な用途で応用することもできます。
ただし、全ての方に適用されるわけではありませんので、まずはご相談ください。

※ダイレクトボンディング法での治療。時間の経過とともに変色するリスクがあります。

虫歯治療後の詰め物・被せ物をお選びいただけます

虫歯治療後に使用する詰め物・被せ物には複数の種類があります。保険適用の「銀歯」は安いというメリットはありますが、金属アレルギーや見た目、耐久性などの観点から、必ずしも理想的な治療材料とは言えません。

一方、セラミックなどの保険適用外の素材は費用はかかりますが、安全性審美性耐久性の面で非常に優れています。必ずしも高い素材を選ぶ必要はありません。ご自身のライフスタイルなどに合わせて最適なものを選択できるようにお手伝いいたします。

それぞれの価格については、料金表をご確認ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間受付 WEB予約
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂3-4-1 神楽坂山本ビル1F

Contact

tel:03-5228-5778

診療時間
10:00 ~ 13:30 / / /
14:30 ~ 19:00 / / /
  • ▲土曜日は17:00まで

  • ※休診日:水・日・祝

このページの先頭に戻る