夜7時まで診療
診療時間
10:00 ~ 13:30 / / /
14:30 ~ 19:00 / / /
  • ▲土曜日は17:00まで

  • ※休診日:水・日・祝

24時間受付 WEB予約
キービジュアル

診療メニュー MENU

健康な歯をほとんど削らない
ブリッジ治療

ヒューマンブリッジ

  • 治療前
  • 治療後

入れ歯・インプラント
ではない方法で、
健康な歯を残して治療ができます。

「両隣の歯を温存できるブリッジ」という新しい選択

歯を失った際の、義歯の選択肢には、インプラント・入れ歯・ブリッジの3パターンがあります。

ドクター1

インプラントは天然歯に近い噛み心地やお手入れ感がメリットですが、保険適用外治療となり、費用が高額になりやすいというデメリットがあります。
一般的な入れ歯であれば、保険適用治療のため、比較的安価に人工歯を手に入れることができますが、噛み合わせや見た目で問題を抱える患者さんもいらっしゃいます。

ブリッジは、インプラントと入れ歯のメリットを取り合わせたような手法ではありますが、健康な歯を一部削って人工歯の土台にする必要があり、これは大きなデメリットであると言えます。
こうした問題を解決できる選択肢の1つとして、当院では「ヒューマンブリッジ」という治療法をご提案しています。
ヒューマンブリッジであれば、外科的処置は不要で、見た目もよく、機能性も高い状態で、人工歯の両隣になる土台の歯もほとんど削らずに済みます。

ヒューマンブリッジのメリットは

この治療法には、次のようなメリットがあります。

メリット1健康な歯をほとんど削らなくて済む

メリット2歯の神経を残すことができる

メリット3治療期間がインプラントや義歯より短い

メリット4金属アレルギーの心配がない

メリット5外科処置が不要なので肉体・精神的な負荷が少ない

メリット6入れ歯よりも目立ちにくい

ただし、この治療法も良いことばかりではありません。
デメリットとして、「過度な衝撃を加えると、外れやすい」ということがあります。
両隣の歯を削って土台を固定する一般的なブリッジ治療に比べて、固定具のサイズが小さくなってしまうため、どうしても外れやすくなってしまいます。
しかし、外れてもすぐに再装着はできます。

通常のブリッジに比べて、健康な歯を削る量を抑え、かつ歯の神経も残すことができる治療方法なので、「歯に優しい治療」として、患者さんにおすすめしている治療法です。
ブリッジなどの方法で人工歯を検討されているのであれば、ぜひヒューマンブリッジも検討に入れてみてください。

メリット デメリット
削るブリッジ
削るブリッジ
  • しっかり固定される
  • 健康な歯を削る
  • 健康な歯の神経を除去する必要がある
ほとんど削らない
ブリッジ
削らないブリッジ
  • ほとんど歯を削らない
  • 治療期間が短い
  • 歯の神経を残せる
  • 固定力が通常のブリッジよりやや弱い

ヒューマンブリッジの具体的な治療法

STEP1歯の表面を少しだけ削ります。特別な事情がない限り、麻酔は利用しません。

STEP2下図のような装置を両脇の歯に装着します。

STEP3人工歯を装着したら治療は終了です。

  • 治療前
  • 治療後

人工歯の選択で悩まれている方へ

当院では、インプラント・入れ歯・ブリッジのすべてに対応していますが、実際にどのような人工歯を入れるか決定するのは、患者さんです。
そのために、当院では必要な情報をすべてご提供します。

ドクター2

実際にご判断いただくうえで大切なことは、患者さん自身がどのような点を重視しているかということに尽きます。

  • 審美性(外見の美しさを重視したい)
  • 即時性(すぐに人工歯を入れたい)
  • 経済性(保険適用か、自己負担の場合はいくらくらいになるのか)

これら以外にも、様々な観点があることでしょう。
まずはご来院いただき、どのような人工歯が理想なのか、その考えをお聞かせください。
患者さんの希望に沿った治療法をご提案いたします。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間受付 WEB予約
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂3-4-1 神楽坂山本ビル1F

Contact

tel:03-5228-5778

診療時間
10:00 ~ 13:30 / / /
14:30 ~ 19:00 / / /
  • ▲土曜日は17:00まで

  • ※休診日:水・日・祝

このページの先頭に戻る